自分に見合った取引

レバレッジを知っておこう

FXを行う上で最も大切なことは、「レバレッジ」の仕組みを知っておくことでしょう。
このレバレッジがあるためにFXは大きな金額を少ない資金で運用することが出来ます。
レバレッジとは、自分が口座に入金した資金を証拠金とすることで担保にし、
自分の資金の何倍もの金額を取引できるFXならではの仕組みのことを呼びます。

レバレッジとは、「てこの原理」と同じで、
少ない資金(力)で大きなお金(もの)を動かすことが可能だという意味なのです。

FX業者を通して、自己資金(保証金)を渡して、
その資金を元手にして何倍もの金額で取り引き通貨を売買するというのがFXの投資方法です。
ですから、FXを行うためにはこのレバレッジは必ずついて回るものであり、
このレバレッジがあるからこそ、FXが魅力的なのです。

昔は個人投資家でもレバレッジ最大400倍や200倍といったような、大きな取引が出来ました。
しかし2011年に最大レバレッジが25倍までと改められたため、
現在では昔ほど大きな取引が出来ない状況になっています。

レバレッジ25倍というのは、
単純に 自分の自己資金が1万円の場合、1万円の証拠金で25万円の取引を行えますよという仕組みなのです。

レバレッジのメリットというのは、少ない自己資金で大きな金額を動かせるということになりますが、
デメリットは、投資額が大きくなるので、そのぶんだけリスクが大きくなるということなのです。
ですから、自分の許容範囲内のレバレッジの取引をしなければ、
大きく負債を抱えてしまうということになってしまうのです。
「ハイリスク・ハイリターン」の世界なのです。
そのためFXのレバレッジにはロスカットが必要なのです。

最大の25倍であれば、1万円が25倍ですが、
負けてしまったら25万円の損害が出てしまうということになり得るのです。
ですから、初心者の場合、いきなりレバレッジ25倍で取り引きをするのではないのです。

まずは利益は少ないですが1倍のレバレッジから始めるようにして、
徐々に慣れてきたらレバレッジをあげるようにしていきましょう。

海外のFX会社を利用すれば、
以前の日本のようにレバレッジ200倍や400倍で取り引きが出来る会社も存在します。
このようなハイレバレッジの取り引きは、慣れてきてどうしてもやりたいときのみにしましょう。
25倍のレバレッジでも十分に利益は大きいのです。
Copyright(C) 通貨で取引 All Rights Reserved.