自分に見合った取引

FX取引での手数料

FX仲介業者を利用してFX取引を行うのがふつうなのですが、
この時にかかってくる必要経費というものは主に3つあります。

まずは、FX取引での手数料、口座維持費、通貨取引時のスプレッドです。
昔はFX会社の口座を維持するのに経費としていくらかの金額が必要な会社もありましたが、
現在のFX会社では、口座維持費というのは無料になっています。

そして、FX取引での手数料ですが、こちらも昔は手数料を支払っていたものですが、
次第に手数料無料の会社が増え始め、今ではほとんどの会社が手数料無料になっています。
現在でも手数料が無料になっていない会社は存在しますが、
これだけ手数料無料の会社があるのにもかかわらず、手数料を支払って取引する必要性は全くありません。
どうしてもという「こだわり」がない限りは、手数料無料の会社を選ぶほうが、少しでも自分の利益が増えます。
無料の会社を選ぶことをお勧めします。

そして、スプレッドですが、このスプレッドというのがFX仲介業者の儲けになっています。
スプレッドは通貨の組み合わせによって異なりますし、会社によってもこのスプレッド幅は異なりますので、
なるべく安いスプレッドの会社を選ぶのがいいとは思いますが、
チャートや損多付随してくる「おまけ」のような部分がスプレッドの安い会社よりも勝っている場合などは、
多少高いスプレッドでも「この会社を使いたい」というときもあるようです。

通常スプレッドは 日本円/ドル が安く設定されており、
名前もちょっと聞いたことの内容な通貨の取り引きの場合などには、少々高めの設定になっているような気がします。
あとは、スプレッド幅が大きい通貨というと、
毎日の動きの幅が大きい通貨のスプレッドも高い傾向があるということです。

スプレッドの差は安い通貨から高い通貨まで考えてみても、10円〜300円程度の幅になっています。
一日の値動きが激しい通貨であれば、さほど苦になるスプレッド幅ではないような気もします。
スプレッドが少しでも安い会社をお探しの場合には、
スプレッド比較のサイトなどをインターネットで検索してみるのが最も効果的でしょう。
Copyright(C) 通貨で取引 All Rights Reserved.