自分に見合った取引

FX会社の系統と特徴

いざFXを始めるということになった時に沢山ある業者の中からどこを選べばいいのか。
何が一番自分に合うのかなどさっぱりわからないということがよくあるようです。
どこでもいいからとりあえずと始めてしまうと意味もよくわからないままに入金したお金を全部負けてしまい、
あっという間に負債に追い込まれるということもあるようです。

FX会社では、「信託保全サービス」というものを提供している会社がほとんどですが、
稀に信託保全をしていない会社もあります。

この信託保全というのは、もしFX会社が倒産してしまった時に、
預けてある自分のお金がきちんと戻ってくる仕組みです。
FX会社で、この信託保全サービスを行っていないという場合には、すでに論外なFX業者ということなのですが、
おこなっているとしても2パターンの信託保全があるので、よく注意する必要があります。

この2パターンというのは、「全額信託保全」と「一部信託保全」です。
もちろん、漢字を見ても一目瞭然なのですが、全額信託保全のほうが断然安心です。
大切な自己資金がこのFXの仲介業者が倒産することによってなくなってしまうという事態を避けなければなりません。
この信託保全というものに必ず加入している会社を選ぶことが重要なポイントとなります。

次に挙げられるのは、手数料がかかる会社と掛からない会社があるということです。
現在日本にあるFX仲介をしている会社は手数料無料というところがおおいのですが、
稀に手数料を取っている会社もあります。

では、手数料を取らずに、どこから仲介業者は利益を得ているのかというと、
スワップポイントと呼ばれるものが、主にFX会社の利益となっています。

このスワップポイントは会社によって異なります。
少しでもこのスワップポイントが安い会社のほうが、自分の帰ってくる利益は多いのです。
手栖量が無料でもこのスワップポイントで利益を得ているのにもかかわらず、
手数料を取っているFX会社というのは、ダブルで利益を上げているということになります。

それだけ私たち投資家の利益が減るということですし、
大手の会社が手数料無料でも十分に成り立っているのにもかかわらず
手数料を搾取しているような会社はあまり信用できないのかもしれません。

手数料を支払ってもこの会社でなくてはだめなのだというような、
よほどの理由がない限り、手数料が無料の会社を選ぶのが賢明でしょう。
Copyright(C) 通貨で取引 All Rights Reserved.