自分に見合った取引

レバレッジのメリットとデメリット

FX取引を行うに当たってレバレッジを知っておくということはとても大切なことです。
このレバレッジがあるからこそ、FXの取り引きがより大きな利益をもたらしてくれているからです。
以前のFXは、レバレッジに決まりがなく、200倍や400倍といったようなレバレッジでの取引が
個人でも可能でした。

しかし、このレバレッジは大きい利益をもたらしてくれますが、逆に大きな損害を与えることにもなりかねません。
破産をしてしまうという投資家も増えてしまったことなどもあります。
2011年には、個人投資家のレバレッジは25倍までという決まりが出来ました。

ですから、個人投資家は25倍までのレバレッジでの取り引きが最大レバレッジという風に変わっています。
レバレッジを日本語に直すと「テコの原理」と言います。
これは、FXの世界では、一定の証拠金(自己資金)をFX会社に預けることにより、
より大きな金額での取引をすることが出来るという意味になります。

例えば10万円の証拠金をFX業者に入金します。
この10万円すべてをr使って取引をするわけではなく、この10万円を担保として、
10万円以上の金額の取り引きをする権利を得ると考えていただければわかりやすいかもしれません。

このレバレッジはメリットとデメリットがあります。
メリットとしては、自己資金よりも翁金額を取引できるため、利益がより大きな金額で出すことが出来るという点です。
さらには、為替の手数料が、外貨預金をするよりも安く済むことが多いということです。

デメリットは、てこの原理を使うことによって、損失が出たときには自分が予想していたよりも
大きな損失が出てしまう可能性があるということです。
ハイリスク・ハイリターンということなのです。

このメリットとデメリットをきちんと理解していて、なおかつもし損失が出たときの対処法というのを
きちんと自分で考えられるのであれば、デメリットのほうは、解消することが出来るでしょう。

FXを行うには、損失が出たときのこともきちんと頭の中で考えておくということが大切なのです。
FXで利益を出し続けるということは不可能です。
必ず損失も出てしまうのです。
一度損失を出してしまっても、またそれを取り返せばいいと頭の中を切り替えられるようにすることが、
FXで成功する手段といえるでしょう。
Copyright(C) 通貨で取引 All Rights Reserved.