自分に見合った取引

FXの取引の欠点

FXにはたくさんの利点がありますが、沢山の欠点もあります。
その中からいくつか検証してみようと思います。

1)レバレッジでの取引になるため、大きな利益になる分損害も大きい

FXというのは、レバレッジというシステムを利用して大きな利益を上げられるようになっています。
このレバレッジというのは自分で用意できる自己資金に数十倍〜数百倍という金額で
取引が出来る仕組みになっています。

基本的にはFXは大きな損害が出ないように入金額に対して売買できる金額を制限されています。
ですが、しかし相場に大きな変動があった時に、いきなり差額が出てしまう場合があり、
預けてある証拠金を大きく負債が上回ってしまう場合があります。
もちろん、大きくプラスが出る場合もあります。

損失が大きくなりすぎてしまって証拠金で足りなくなってしまった場合には、
損失を補てんしなければならなくなります。

ですから、レバレッジは低めに設定し、ロスカットをきちんと設定し、リスク管理をすることが大切なのです。

2)為替は毎日24時間変動する。

為替は毎日いろいろな指標や社会の動きで変動します。
この変動が急に起こった場合、マイナスが出てしまうときがあります。
予測をある程度たてるということは可能なのですが、その予想が外れてしまった場合には
やはり損害が出てしまう可能性があります。

慣れるまでは変動の少ない為替での取引をすることをお勧めします。
徐々に慣れてきますから、慣れてから大きな変動のものに手を出すようにしましょう。

3)金利が変動することによって起こるリスクがあります。

スワップポイントを日々稼ぐことで収入とされている方も多いのですが、
このスワップポイントは毎月の金利の差で変動します。
低い金利の通貨で高い金利の通貨を購入するとスワップポイントがもらえるのですが、
逆に高い金利の通貨で低い金利の通貨を買うと逆にスワップポイントを毎日払うことになってしまいます。

スワップポイントが毎月変わるということを忘れずに、
スワップポイントのレートは毎月きちんとチェックしなければいけません。

FX取引にはリスクが伴います。
きちんとそのことを認識し、どのように対処すればよいのかをきちんと勉強してから始めるようにすることが大切です。
Copyright(C) 通貨で取引 All Rights Reserved.