自分に見合った取引

FXの基本用語

FXには専門用語のようなものがあります。
この専門用語を理解していないとFXを始めるのは難しいかと思われます。
FXを初めて始める方には是非理解してもらいたいです。
ここでは基本的なFX用語を学びましょう。

○スワップポイント
スワップポイントというのは、FXを行う際に2つの国の通貨の取引をするのですが、
この時の売買で発生する金利差額のことです。
このスワップポイントは購入する通貨によってプラスが生じたり、マイナスが生じたりします。

○レバレッジ
レバレッジというのは、少額の資金でより多くの金額の売買(取引)ができるようになるシステムのことです。
FXでは、このレバレッジを利用して自己資金よりも大きな金額を動かします。
自分が口座に入金したお金は「証拠金」と呼ばれ、
この証拠金を担保にして外貨をレバレッジを使いながら売買するのです。
この証拠金と実際の取引に使用する金額(総約定代金)には倍率があり、その倍率のことをレバレッジと呼びます。

このレバレッジの倍率の大きさは各FX会社によって異なります。
プラスの方向に動いたときには大きな威力を発揮しますが、
同様にマイナスに動いたときにも大きな損失を生み出します。

○ロスカット
ロスカットというのは、損失がでたときにその一定額以上を損失しないように行われる強制決済のことをさします。
FX会社はこのロスカットの値を決められており、自己資金(保証金)維持率を下回ると強制的に決済されます。

入金されている証拠金以上の損失を出さないように、
FX会社が安全装置のような役割でこのシステムを導入しています。
しかし、急激な値動きにロスカットが間に合わない場合もあり、ロスカットの値を大きく下回ってしまいます。

○指値
通貨を売買取引するときに「この値段で売買したい」と思う値段のところを指定するときに使います。
この場合には、今の金額よりもいいと思われる値段を指値することをいいます。
例)今の値段より高い値段になれば売り、安い値段になれば買うということです。

○逆指値
指値の逆で、今の金額よりも悪い値段のところで購入するために使います。
例)今の値段より高い値段になれば買い、安い値段になれば売るということです。
Copyright(C) 通貨で取引 All Rights Reserved.