自分に見合った取引

FXの特徴

FXの特徴を簡単にご説明したいと思います。

FXとは、いろいろな国の通貨をペアで考え(ペアは各会社によってあらかじめ決められています)
ペアにした通貨が上がるのか下がるのかを色々な角度から自分で検証をして取引をするというものです。
この取引は携帯電話の端末や、パソコンのインターネットで24時間取引がすることが可能です。
(土日はお取引が出来ません)

通貨のことを外貨と呼び、この外貨を売ったり買ったりすることで利益を生み出していくのですが、
円高や円安になる動きを予測して売り買いをするものなので、
その場その場の状況に応じてご自分で対応をしていくということになります。
あくまでも自己責任化に於いての取引になります。

取引に使われている通貨は様々な種類がありますが、
よく知られているのが「日本円」「ドル円」「ユーロ」「豪ドル」などがメジャーです。
マイナーな通貨もたくさんありますが、初心者のうちはメジャーな通貨での取引をするのが一番いいと思われます。
慣れてきたらマイナーな通貨での取引をしてみるのもいいでしょう。

さらにFXにはレバレッジというものがあり、少ない資金で大きな金額を取引できるという利点があります。
通常であれば1万ドルの取引には100万円が必要になってしまうのですが、FXではレバレッジというものを
利用していますので、単純にレバレッジ100倍を利用すれば、1万ドルをわずか1万円で取引できてしまうのです。

このレバレッジというのは各会社によっても様々ですし、自分で設定できる会社もあります。
高いレバレッジで取引をすればそれだけ幅も大きくなりますから、利益を大きく上げることが出来るのです。
大きな利益が出るということは、損害を出してしまった時にはそれだけ大きな損害にもなり得るということになります。
慣れないうちは低レバレッジでの取引をするように心がけましょう。

また、スワップ金利という制度もあり、これは毎日の金利を受け取ることもできます。
これは、買いの婆のみに発生するものになりますが、大きな金利になると10%を超える場合もあります。
銀行に預けるよりも金利がいいので、一部のFXトレーダーはこの金利をうまく活用しているようです。
Copyright(C) 通貨で取引 All Rights Reserved.