自分に見合った取引

デイトレードのメリットとデメリット

デイトレードというのは、その日のうちに取引を始め、終わらせるという手法です。
この方法での取引にはメリットとデメリットがあります。

メリット:
デイトレードというのは、短時間のうちに取引が終了します。
従って、世界の経済状況などの影響を受けにくいというのが特徴です。
世界での指標が出る瞬間に取引をしている場合に限ってはその影響を受けてしまうこともあります。
何も大きな動きがない日であれば、それほどの影響を受ける心配がありません。

取り引きをしていない時間帯、あるいは取引を終了した後などに起きてくる企業の業績の良し悪しです。
世界のどこかで起きてしまうかもしれない突発的な戦争や、地震などのような天災の影響を受けることもありません。

次の日に持ち越してしまうと、
その日の夜中に寝ている間に世界のどこかでそのような災害や戦争が起きてしまう可能性もあるからです。
その場合には寝ている間にアメリカの市場やそのほかの国の市場で大暴落が突然起こり、
朝起きると真っ青になっているといったような事態に巻き込まれてしまうのです。

取り引きが短時間で終了することが出来、寝ている間などに心配で寝れないといったような不安などがない
というところに、魅力を感じて多くの方がこのデイトレードを行うのだと思われます。
これが、デイトレードを行う上での最大の利点ともいえることでしょう。

また、デイトレードというのは短時間で取引が終了するため、小さな利益の積み重ねになります。
ですから、資金を回していくのにも効率もよく思われます。

そして、初心者の方で、まだあまりFXに慣れていない方でも様々な手法を考えずにトレードするには
一番効率がいいので、初心者の方もこのデイトレードを行う方が多いのです。

デメリット:
FX会社によっては、手数料が1回の取引ごとにかかる会社も少なくありません。
この手数料が細かく利益を上げているにもかかわらず手数料の金額のほうが大きくなってしまうこともあり、
なかなか実質的な利益につながらないということもあります。
この手数料には十分気を付けなければならないでしょう。

更には、細かい積み重ねになりますので
大きな利益を上げることがなかなか難しいところがデメリットといえるでしょう。
Copyright(C) 通貨で取引 All Rights Reserved.