自分に見合った取引

チャートを理解しよう

FXを行う上でチャートを見る力を養うということは非常に大切なことで、絶対的に必要になる力です。
このチャートをみると現在の為替の値動きを大体予測することも可能だからです。
チャートというのは、為替のレートの値動きをグラフに現したもののことを呼びます。

このチャートをみると、その時間帯の値動きやどれくらい変動をしたのかなど、
様々なことを読み取ることが出来るのです。

このチャートを見る力を養っていくと、相場の値動きを予測することが出来るようになり、
これからの相場がどの方向に動くのかを予測できるようになることで、
よりFXで勝率を上げることが出来るようになるのです。

ローソク足と呼ばれているチャートが最初に覚えるべき基礎のチャートになります。
チャートには1分足、5分足、10分足、1時間足、5時間足、1日足、1か月足などというように、
細かく分けられています。

デイトレードをする人は1分足や5分足を使う人が多いといわれています。
ロングポジションとして長く長期にわたって見通して為替を購入する人は、
1か月足などの長い目を見て購入するというのが多いようです。

これは、為替にトレンドというものがあり、長期での為替購入を考えているのであれば、
長い期間をとおして少しづつ動きながら上昇しているのか、下降しているのかを見極め、購入していくのです。

このローソク足には「陽線」と「陰線」と呼ばれる2つのパターンしかありません。
陽線というのは始値よりも終値のほうが高い、つまりは買われているということ。
陰線というのは、終値のほうが始値よりも安い、つまりは売られているということを示しているのです。

このローソク足が長く伸びれな伸びるほど、その動きの力が強いということになり、
短ければ短いほど動きが弱いということを表しています。
このようなチャートの動きを見極めて、今が買い時なのか、売り時なのかを見極める力を付けることが大事なのです。
Copyright(C) 通貨で取引 All Rights Reserved.