自分に見合った取引

FXとは何なのか

「株」というのは、皆さん聞いたことがおありかと思います。
FXというのは、英語で書かれていて何のことかと思われるかもしれませんが、
小さな「株」のやりとりだとおもっていただければ一番わかりやすいのではないでしょうか。

しかし「株」というのは、株の売買をしている会社の窓口に歩いて出向いていき、
いろいろな株を紹介され、薦められるがままに買ってみるというのが従来の「株」のスタイルです。
現在ではインターネットで取引が出来る「株」も多数ありますが、
自分でどの銘柄を買うのかを選ばなくてはいけないというリスクが伴います。

FXというのは簡単に説明すると「日本円とドル」やヨーロッパの「ユーロと日本円」などのように、
毎日ニュースで流れている「今日のドル円は 1ドル=100円です」といったような言葉を
耳にしたことがあるかとは思います。

このように、ドルと円の差額や、ユーロと円の差額でお金を増やしていくといったようなシステムになっています。
取引が出来る通貨は多種多様で、自分でやりやすいと思った通貨を探して取引することが出来ます。

単純にいうと、1ドル90円のときに1万円分購入。
1ドル100円になった時に1万円分売る。
差額に100円が出ますよね。
その差額で1万円の利益が出る。(1万円購入時)ということになるのです。

もちろん、1ドル90円のときに購入して、80円まで下がってしまった時には、
1万円分の損害が出てしまう、というわけです。

FXでは、購入するときに「買いますか?売りますか?」と聞かれます。
90円から上がりそうだなと思えば、「買う」を選択し、
90円から下がりそうだなと思えば「売る」を選択するのです。

更にはFXにはレバレッジというのが存在し、
自分が入金した金額よりも大きなお金で取引することが可能なシステムになっています。
ですから、少額で大きな取引が出来るのです。

数年前まではいちばん少額でも10万円〜ということでしたが、
最近では1000円でも始められるFX会社も増えてきました。
1万円〜で練習をし、大きな金額の売買に移行するということも可能です。
自分に見合った額で始められる会社を選ぶのがよろしいのではないでしょうか。

FX会社の選び方はこちらも参考にしてください。
Copyright(C) 通貨で取引 All Rights Reserved.